遠賀中間医師会 在宅総合支援センター

在宅医療・介護連携推進事業の目的

在宅医療・介護の連携推進事業は、医療と介護の両方を必要とする状態の高齢者が、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、在宅医療と介護サービスを一体的に提供するために、地域の医療機関と介護サービス事業者などの関係者の連携を推進することを目的とします。

平成27年度以降取組を開始し、平成30年4月には全国の市区町村で取り組みが始まっています。遠賀中間地域では、遠賀中間医師会が1市4町(芦屋町・岡垣町・遠賀町・水巻町・中間市)から委託を受けて活動しています。

在宅総合支援センターの主な役割

  • 在宅医療に関する相談窓口

    在宅療養を始めたい場合や自宅での療養生活などに関する各種相談について、専門のスタッフが対応します。
    また、地域の医療・介護従事者からの在宅医療・介護連携や医療機関の情報提供に関する相談を受け付け、退院調整や情報提供などの支援を行っています。

  • 地域の医療・介護資源の把握

    各地域の医療・介護資源(医療機関や訪問看護ステーション等)の情報(各事業所名・連絡先・営業時間・事業内容等)を収集し、リストを作成しています。情報は適宜更新し、ホームページ上で公開しています。

  • 地域住民への普及啓発

    出前講座や住民公開講座を行い、地域住民の皆様に在宅医療・介護に関する情報の普及啓発を図ります。
    また、様々な内容を掲載した「在宅総合支援センターだより」を発行しています。各役所、医療機関等に幅広く配布しています。

  • 医療介護関係者への研修

    職種別の専門的研修会の他に、医師や看護師、介護支援専門員や介護職の多職種研修会を開催しています。
    事例検討会においては、それぞれの役割を理解し連携を図ることで、一体的な在宅医療の提供につながることを目的としています。

  • 在宅医療・介護連携の課題抽出と対応策の検討

    協議会や専門部会を開催して、在宅医療と介護の連携に関する地域の課題を抽出し、その対応策を検討いたします。

  • 医療・介護関係者の情報共有の支援

    在宅総合支援センターのホームページに遠賀中間地域で作成した、入退院時情報共有シートを掲載しています。
    情報共有シートの普及と活用により、医療・介護関係者間の情報共有の支援を行っています。

地域包括ケアシステムについて

住み慣れた地域での暮らしを最期まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される、地域包括ケアシステムの構築が重要となります。
地域包括ケアシステムには、5つの構成要素があります(住まい、医療、介護、予防、生活支援)
住まいの受け皿(鉢)に、生活支援の土を入れ、医療・介護・予防を植えています。
住まいが提供され、その住まいで安定した生活を送るために、「生活支援・福祉サービス」があることが基本的な要素となります。これがあって初めて、医療・看護、介護・リハビリ、保険・予防が効果的な役目を果たすものと考えられます。

遠賀中間地域包括ケアシステム

在宅療養について

医療や介護が必要となっても、住み慣れた家や施設での生活を継続できることが在宅療養の最大の魅力ではないでしょうか。医師や看護師などの医療専門職が、ご自宅を訪問して診察や助言などを行うことを在宅医療といいます。これに加えて、必要時にはケアマネジャーとの連携や情報共有が行われ、医療サービスと同時に介護サービスが提供されることで、在宅での療養生活が可能となります。

なぜ今、在宅医療が注目されているの?

住民の生活が多様化する中、住み慣れた環境で老後を過ごすことを希望する方が増えてきており、可能な 限り自分らしく過ごせる環境が求められるようになってきていることが大きな理由として挙げられます。

在宅療養を始めるには不安なんだけど…。

歩いて病院を受診することが困難な場合などに、在宅医療の導入が検討されます。在宅療養を行う際の 病状には特別な制限はありません。また、急に具合が悪くなった場合には切れ目のない対応が受けられ、必要に応じて入院に移行できるよう環境の整備を進めています。

在宅療養を始めたいけど、どこに相談したらいいかわからない

どんな相談ができますか?

地域の皆様からの医療・介護に関する相談を受け付けています。
また、医療・介護関係者からの在宅医療・介護の連携に関する相談等に対して、必要な情報提供、支援・調整を行います。対応は個々のケースで異なりますので、実際の支援については、相談者と調整しながら進めていきます。

在宅療養において、自宅では以下のようなサービスを受けられます

在宅医療のサービス例

福岡県在宅医療提供体制充実強化事業

1.目的

この事業は「誰もが住み慣れた地域で安心して療養できる福岡県」を目指し、在宅医療関係者に対する専門的な知識や経験を高める取り組みや、休日夜間・容体急変時における診療体制の強化、在宅医を導入するための取り組み等を通じて地域における在宅医療提供体制の充実を図ることを目的とする。

2.事業内容

  • 在宅医療充実強化のためのルール策定
  • 医療従事者に対する研修
  • 在宅医療・介護連携に関する広域的・補完的事業
  • その他

在宅医療に使用する医療機器、研修用シュミレーターの無料貸し出し

 当センターでは、福岡県在宅医療提供体制充実強化事業において、在宅医療体制作りのための検討会の実施、同行訪問研修を行っています。また、在宅医療推進のための研修会、看護師のスキル向上のための研修会等を企画して実施しています。
 また、在宅医療に使用する医療機器(別表1)研修用シュミレータ(別表2)を医療機関及びサービス事業所に無料貸し出しを行っています。
【医療機器等販売業・貸出業(許可番号14450063号)】

借用の手続きについては物品借用申込書に記入しご提出ください。(ダウンロード可)
貸し出し期間が長期になる場合は、当センターにご相談ください。

借用にあたっての留意点

  • 1.借用申込書を提出の上で物品を借りて下さい。
  • 2.借用物品は他の目的や転貸しはしないで下さい。
  • 3.物品の著しい汚破損・減失の場合は実費を求めることがあります。
  • 4.返却の際は汚れをきれいに落とし、物品点検確認の後、ご返却下さい。
  • 5.返却時に持参していただくもの:
      ①貸し出し物品、②物品点検表、③貸し出し時にお渡しした「借用申込書のコピー」
  • おんが病院 訪問看護ステーション
  • おんが病院 ケアプランセンター
  • 遠賀中間医師会 健診センター