ご挨拶

遠賀中間医師会会長
津田文史朗

健康で安心して暮らせる地域に

政府は、2025年の超高齢化社会に向けて、在宅医療と在宅介護を推進しています。この為、医師会では、「在宅総合支援センター」を新設して、高齢者の方々が在宅医療を受けるための「相談窓口」を設置しました。同センター内には、病気や障害のある方々が、自宅で療養生活を送ることを支援する「訪問看護ステーション」、介護サービスを相談できる「ケアプランセンター」が併設されています。また、同センターは、医師会が運営する「おんが病院」の敷地内にありますので、近くで病気の治療や健康診断・精密検査が受けられます。
医師会では、高齢者の方々が健康で安心して暮らせる地域医療を目指していますので、同センターを気軽に利用して頂けることを願っています。

在宅総合支援センター
杉町圭蔵

皆様方のご利用をお待ちしています

遠賀・中間地区は、在宅診療や訪問看護などの在宅支援が県内で最も遅れた地域であります。そこで、医師会では、包括ケアシステム構想に沿って「在宅総合支援センター」を設立し、『住みやすい町作り』を合言葉に医療・介護・福祉の一体化に努め、すぐに役立つ住民サービスを始めました。
まず、医師、看護師、介護支援専門員などによる相談窓口を開設しました。同時に、ケアプランセンターも併設していますので、介護に関する相談なども受け付けています。また、訪問看護ステーションでは、子供からお年寄りまで対象として、24時間の対応をさせていただいています。
ヒトの命には限りがありますが、お年寄りに心豊かで楽しい人生を住み慣れた土地で送っていただくには、切れ目のない医療と介護のサービスが必要であります。
一連の事業が地域の皆様方から喜ばれ、信頼され、住みやすい町作りに貢献できることを願っています。

平成27年10月

包括ケアシステム構想(遠賀中間医師会)

医療・介護・福祉の一体化

在宅医療・介護連携協力期間

1市4町の包括支援センター、医師会会員施設、歯科医師会、薬剤師会、各介護サービス事業所

  • 在宅医療連携拠点整備事業(在宅医療に関する相談窓口)
  • おんが病院 訪問看護ステーション
  • おんが病院 ケアプランセンター
  • 遠賀中間医師会 健診センター